雪道の走行はスタッドレスタイヤが最適【国産製品がイチオシ】

冬用タイヤの種類

タイヤ

雪道にも凍結路にも

冬用タイヤにはサイズや太さや扁平率などを区分けすれば無数の種類がありますが、主にスノータイヤとオールシーズンタイヤ、そしてスタッドレスタイヤがあります。スノータイヤはタイヤの素材としては夏用タイヤと同じですが、溝を深くして特殊なトレッドパターンを採用することによって雪道で制動力を発揮できるようにしています。オールシーズンタイヤは雪道の他に濡れた路面や乾いた路面でも十分な走行性能が発揮できるようにしているタイヤです。オールシーズンタイヤはスノータイヤよりも溝は浅めにできているので、雪道の制動力だけで比べればスノータイヤの方が優れていると言えます。スノータイヤもオールシーズンタイヤも雪道のことは考えられていますが、凍った道のことは考えられていないため、日本の市街地や幹線道路に多い凍結路面では適していません。凍結路面で確かな走行性能を発揮するにはスパイクタイヤが使われていましたが、路面を削って粉塵公害を引き起こすことから使用が禁止されて、スタッドレスタイヤが開発されました。スタッドレスタイヤはスノータイヤなどと同じようにトレッドパターンや溝の形状を工夫することによって積雪した道の走行性能を向上させているとともに低温でも柔らかさを失わない特殊なゴムを使うことによって凍結した路面でも走行性能を高めています。オフロード車を除いて、日本では冬用タイヤといえばスタッドレスタイヤを指すようになり、多くのメーカーから毎年性能が向上した新製品が発売されています。

Copyright© 2018 雪道の走行はスタッドレスタイヤが最適【国産製品がイチオシ】 All Rights Reserved.