雪道の走行はスタッドレスタイヤが最適【国産製品がイチオシ】

店舗の選び方

取り付け

確認は必須です

タイヤ交換をする際に、持ち込みという方法があります。これは事前に、タイヤ店やインターネット通販などで購入して、それを取り付け店に持って行ってホイールに装着してもらうというものです。気をつけておきたいのは、タイヤ交換の際の持ち込みに関して、すべての店舗が対応しているわけではないという点です。断られることもあれば、タイヤ交換はやってくれるものの、その店舗でタイヤを購入した時よりも、工賃が割高になるケースもあるのです。そのため持ち込みはできるのかを確認するだけではなく、タイヤ交換の値段を聞いておきたいです。コツとしては、いくつかの店舗で同じように料金を聞き比較しておくことで、最安値店がわかります。他にも調べておきたいのは、タイヤはどれくらいのサイズまで対応できるのかです。小さい分には問題ないことが多いのですが、大径のタイヤの持ち込みができない店舗も珍しくありません。それにはスタッフがいない、または工具がそろっていないといったことが考えられます。タイヤ交換をお願いするなら、持ち込みをするタイヤのサイズも伝えておくと、話がスムーズに進みます。また、最近では購入した店舗からそのままタイヤ交換をする場所に配達してくれるといったサービスを行っている場合も多いです。だからと言って、勝手に送り付けると店舗側に迷惑がかかります。そこでタイヤの受け取りができるのかをチェックします。もしも問題がないなら、重たいタイヤを運ばなくても良いので便利です。

Copyright© 2018 雪道の走行はスタッドレスタイヤが最適【国産製品がイチオシ】 All Rights Reserved.